基本政策(2017年総選挙で合意した12項目の基本政策)

2017衆議院議員総選挙における東京1区政策合意について (2017年10月8日)

 2017年衆議院議員総選挙(以下「本選挙」という。)において、東京1区市民連合、立憲民主党及び予定候補者である海江田万里は、東京1区市民連合及び立憲民主党が、日本共産党及び社会民主党とともに、下記の基本政策を実現するために東京1区の候補者を海江田万里に一本化したことを確認する。

 本選挙は、立憲主義を回復し国民の自由と生活、生きる権利を守るうえでこの上なく重要なものであることを改めて確認する。各当事者は、下記の基本政策の実現のため、広く有権者の賛同を訴え、本選挙における必勝をめざすものとする。

 

 記

  1. 特定秘密保護法、安保法制、共謀罪法を廃止し、立憲主義を回復する。
  2. 「アベノミクス」による国民生活破壊、格差と貧困を是正する。
  3. 沖縄の基地問題など、国民の声に耳を傾けない強権政治を許さない。
  4. 安倍政権が進める改憲は、憲法の理念・原則を損なうものであるから、これを許さない。
  5. 森友・加計学園疑惑を徹底して追及する。
  6. 高度プロフェッショナル制度の導入などの労働法制の改悪に反対し、長時間労働の規制強化、最低賃金の大幅引き上げを行う。
  7. 国連で採択された核兵器禁止条約を支持し、日本の参加をめざす。
  8. 福島第一原発事故の検証及び地元自治体の合意がないままの原発再稼働は認めず、再生可能エネルギー政策を確立し、原発ゼロをめざす。
  9. LGBTに対する差別解消施策や、ヘイトスピーチ根絶のための対策を通じて多様な社会を確立する。
  10. 女性に対する雇用差別や賃金格差を撤廃し、女性議員増や選択的夫婦別姓など男女平等の社会を確立する。
  11. すべての子ども、若者が健やかに育ち、学び、働くことを可能にするため、奨学金の給付制度拡充をはじめ、保育、教育、雇用に関する政策を飛躍的に拡充する。
  12. 2019年10月に予定されている消費税増税をいったん停止し、社会保障制度・税財政全体の改革の中で議論する。

本書面は3通作成し、各1通を保有する (以下、署名は略)

 ※注・署名した政党により前文の一部に違いあり

東京1区市民連合座談会(2021.6.16公開、6.24追加)

声明・アピール

これまでに東京1区市民連合が公表した声明・アピールのアーカイブです。PDFで別ウィンドウに表示されます。

呼びかけ人

東京1区市民連合 役員および呼びかけ人名簿(2019年11月現在/44人)
役 職 氏 名 所 属
共同代表小原 隆治早稲田大学 政治経済学術院教授
  同櫻井 幸子婦人民主クラブ会長
  同晴山 一穂専修大学名誉教授
事務局長大西 広慶應義塾大学 経済学部教授
事務局長代行水久保 文明千代田区労協事務局長
呼びかけ人青柳 義則全労協東京中部ブロック協議会議長
  同浅井 武彦新宿社会保障推進協議会 会長/歯科医師
  同阿部 百合子俳優
  同荒井 新二弁護士・前自由法曹団団長
  同伊藤 陽一法政大学 名誉教授
  同伊豫 軍記元日本大学教授
  同梅津 仁医師・おおくぼ戸山診療所 所長
  同大田 正一KK富士国際旅行社 代表取締役
  同小川 均戦争法廃止! みなと総がかり行動実行委員会事務局
  同小黒 和子イギリス文学研究者
  同加藤 正治港区・中小企業家
  同蔵原 清人工学院大学 名誉教授
  同小林 秀治千代田区労働組合協議会議長
  同金子 征史法政大学 名誉教授
  同金子 勝慶應義塾大学名誉教授
  同後藤 雄介早稲田大学 教育・総合科学学術院教授
  同齋藤 純一早稲田大学 政治経済学術院教授
  同佐々木 江利子日本児童文学者協会
  同清水 洋二弁護士・旬報法律事務所
  同須田 昭夫須田クリニック院長/東京社会保障推進協議会 会長
  同高橋 博みんなの新宿をつくる会 会長
  同田中 義教日本中国友好協会理事長/法政大学元理事
  同寺澤 文子戦争させない千代田の会代表
  同土井登美江許すな!憲法改悪・市民連絡会
  同中尾こずえ許すな!憲法改悪・市民連絡会
  同中川 重徳弁護士・諏訪の森法律事務所
  同中川 雄一郎明治大学 名誉教授
  同橋本 佳子弁護士・東京法律事務所
  同林 世志江新宿女性9条の会代表委員
  同洪 美絵弁護士・東京合同法律事務所
  同藤井 正實医師・芝診療所 所長
  同藤原 家康弁護士・藤原家康法律事務所
  同平山 知子弁護士・あかしあ法律事務所
  同町田 伸一弁護士・新赤坂法律事務所
  同三浦 まり上智大学教授
  同宮崎 礼二明海大学准教授
  同毛利 孝雄千代田区平和使節団元団員・沖縄大学地域研究所特別研究員
  同渡辺 眞知子キリスト者政治連盟

活動記録

月日 イベント名 活動内容
1月18日呼びかけ人会議をコロナがらみで延期
1月25日政党間協議(立憲民主党、日本共産党、社会民主党)協定案についてはほぼ合意。調印は政党の都合もあり先送り。調印の場合は学習会を兼ねたものにしてはどうか、など意見交換。
1月27日第48回事務局会議政策協定の調印をどうするかについて協議。カンパの進捗状況確認
1月30日全国市民連合会議(大西事務局長参加)
2月16日第49回事務局会議延長した諸会議の再構築と、次回呼びかけ人会議の準備
2月19日第18回呼びかけ人会議政策協定調印、政党の都合がありさらに延長。運動を進める観点から宣伝行動強化を確認
3月1日政党間協議政党中央の方針もあり、政策協定案への調印は現段階では先送り。しかし目に見える活動については合意し、可能な限り街頭での宣伝行動を行うことを確認
3月15日政党間協議調印は持ち越したものの4.25宣伝行動を行うことを確認。
3月16日第50回事務局会議カンパの集約。今後の政党間協議の進め方などにつて協議。4月25日に高田馬場で大々的な宣伝行動を行うことを確認
3月30日第19回呼びかけ人会議政策協定案の調印へ向けた動き報告、カンパの集約報告、宣伝行動の成功に向けた意見交換
4月3日全国市民連合会議(晴山共同代表参加)
4月15日政党間協議コロナによる緊急事態宣言発出に伴い、25日の宣伝行動中止を確認。宣伝の一環としてオンラインを利用した動画づくりなどについて協議
4月20日第51回事務局会議政党間協議の様子など報告
4月30日政党間協議動画づくりについて協議
5月10日第52回(拡大)事務局会議動画づくりについて協議。1分ものなどを中心に作っていくこと、SNSの講習会開催などを確認
5月13日第53回事務局会議動画づくりの具体的手順などについて協議
5月17日第54回事務局会議(動画づくり打ち合わせ)動画づくりの時間配分、製作費の分担など協議
5月20日政党間協議動画づくりの詰めた協議
5月31日第55回事務局会議(動画づくり打ち合わせ)動画つくりのシナリオなど協議。
6月04日動画撮影
6月7日第56回事務局会議撮影された動画の編集の手順、費用の分担などについて最終確認。6.11呼びかけ人会議の準備
6月11日第20回呼びかけ人会議動画づくりの報告、SNS講習会開催など協議
6月22日会報16号発行
月日 イベント名 活動内容
2月28日会報13号発行3000部
3月4日会報発送231通
3月9日第37回事務局会議記念集会の総括。コロナ禍のなかでの取り組みなどについて協議
3月18日共同宣伝行動神保町交差点25人参加
4月10日第38回事務局会議年末カンパの進捗状況(508,946円)、呼びかけ人会議の延期、ホームページ更新謝礼などについて協議
6月2日第39回事務局会議次回呼びかけ人会議の新たな日程の調整と内容、都知事選挙に臨む対応などについて協議
6月18日第40回(臨時)事務局会議都知事選挙において宇都宮けんじ氏を支援することを確認。可能な支援行動を展開することも。
6月19日会報14号を発行都知事選で宇都宮候補を支援することを訴える内容
6月22日会報発送作業
6月28日共同宣伝行動高田馬場40人。都知事選挙対応でスタンディング
6月30日宇都宮政連カーが千代田、新宿入りこれに、晴山、小原両共同代表が参加し東京1区市民連合として支持の訴え
7月7日第41回事務局会議都知事選挙最終版の状況分析、第15回呼びかけ人会議の準備について協議
7月10日第15回呼びかけ人会議エデュカス東京。共産党から「野党連合政権構想」について説明。都知事選挙を振り返って意見交換
8月20日共同代表も交えて、拡大事務局会議9月集会の内容などについて協議
8月27日共同宣伝行動麻布十番38人
9月10日第43回事務局会議9.25国会報告集会の準備について協議、新たな政策協定案について協議
9月15日第16回呼びかけ人会議9.25国会報告集会の詰めた準備と、新たな政策協定案について協議
9月25日「秋の学習会&国会報告集会」(エデュカス東京7階ホール)講師・金子勝慶大名誉教授・立大大学院特任教授。海江田議員から国会報告。102人
10月6日第44回事務局会議9.25集会の総括、政策協定案のさらなる充実と締結の手順などについて協議
10月18日共同宣伝行動高田馬場65人
11月10日第45回事務局会議政策協定案の今後の進め方を中心に協議、年末カンパの取り組み確認
11月24日第46回事務局会議政策協定案のさらなる精査、カンパ活動の取り組み協議
11月24日第17回呼びかけ人会議(エデュカス東京)各党から届いた政策協定案への意見を集約、呼びかけ人会議として確認し年内調印を目指すことを確認。年末カンパの目標を80万円とし、取り組みを開始
11月30日共同宣伝行動神保町交差点25人
12月7日会報15号発行
12月22日第47回事務局会議政策協定案のさらなる精査、調印のための政党との協議開始を確認
月日 イベント名 活動内容
1月23日第26回事務局会議
1月29日会報11号発行1000部
1月30日カンパの要請再送
2月12日消費税問題学習会(千代田)。講師に金子勝(立教大学特任教授・慶應大学名誉教授・東京1区市民連合よびかけ人)さん。66人
2月13日海江田議員との懇談
2月26日第27回事務局会議
3月5日第11回呼びかけ人会議(エデュカス東京)11人。ホームページ開設問題、年末カンパの進捗状況などについて協議。
3月19日共同行動(品川駅・港南口)25人。
3月20日第28回事務局会議
4月4日海江田事務所訪問。①情勢についての意見交換②1区の「4党協議」に市民連合の事務局長を参加問題③港区の空路問題などについて懇談。
5月24日第29回事務局会議
6月7日港区の立憲野党オルグ
6月11日国会報告と憲法問題の学習会(新宿農協会館)70人。憲法問題の講師は加藤健次弁護士。3党の代表からあいさつ、港区の空路問題について討論。
7月11日第30回(拡大)事務局会議
7月23日第12回呼びかけ人会議(エデュカス東京)。参議院選挙結果の意見交換。共同代表の補強、賛同人の拡大、国会報告集会、結成3周年に向けた取り組みなどを討議。
8月23日第31回事務局会議
8月28日共同宣伝行動(麻布十番駅前)立憲野党の港区議会議員が揃った。46人
9月27日第32回事務局会議
10月8日第13回呼びかけ人会議。共同宣伝行動の強化、11月26日に国会報告会と消費税問題の学習会に取り組むことを協議、確認。
10月31日第33回事務局会議
11月15日共同宣伝行動(千代田区神保町のリレートーク)。31人
11月25日リーフ発行10,000部
11月26日国会報告と消費税学習会(新宿農協会館)。学習会の講師は大西広慶大教授。参加者との意見交換。参加した各区の立憲野党区議会議員も紹介。81人
11月30日会報12号を発行3000部
11月30日市民連合全国意見交換会(教育会館)。参議院選挙を中心としたこの間の活動の交流、今後の運動の方向などについて交流。
12月4日拡大事務局会議
12月15日共同宣伝行動(新宿・アルタ前)40人
12月17日呼びかけ人・賛同人にリーフ、カンパ要請文、振込用紙、3周年記念集会の案内を郵送(238通)
12月23日呼びかけ人会議の案内発送(39通)
月日 イベント名 活動内容
1月23日宣伝行動神保町交差点 41名
1月30日第13回事務局会議
2月9日宣伝行動赤坂見附 45名
2月13日第7回呼びかけ人会議カンパの集約状況、今後の活動としてアピールのリニューアル化、呼びかけ人賛同人の拡大、国会報告集会(3月8日)の取り組みなどについて議論
2月19日会報第7号発行
2月21日第14回事務局会議
2月28日第15回事務局会議
3月8日国会報告会新宿農協会館 85名
3月17日宣伝行動高田馬場駅ロータリー150名
3月19日第16回事務局会議
3月20日会報8号発行3000部
4月19日第17回事務局会議
4月24日宣伝行動戦争させない千代田の会との共催で神保町パレード。晴山共同代表があいさつ。70名
5月9日共同宣伝行動田町駅芝浦口 25名
5月21日会報9号発行5000部
5月28日第18回事務局会議
5月30日事務所移転神保町から新宿区百人町へ
6月24日共同宣伝行動新宿駅東南口 50名
7月2日第19回事務局会議
7月20日共同宣伝行動神保町交差点 40名
8月6日第20回事務局会議
8月23日第9回呼びかけ人会議ホームページ開設問題、市民連合への団体参加、年末募金の取り組みなどについて討議
8月29日共同宣伝行動新橋駅烏森口 40名
9月9日共同宣伝行動高田馬場駅前 60名
9月12日第21回事務局会議
10月3日海江田議員と事務局メンバーとの懇談国会議員会館海江田事務所。最近の国会状況などを聞き、国会報告集会の日程や内容などについて相談
10月11日第22回事務局会議
10月25日共同宣伝行動戦争させない千代田の会との共同パレード(淡路公園から九段下まで)80名
11月2日第23回臨時事務局会議
11月19日第24回事務局会議
11月22日第10回呼びかけ人会議ホームページ開設の具体化、国会報告集会の準備、年末カンパの訴えなど討議、確認
11月29日共同宣伝行動品川駅港南口 29名
12月7日国会報告集会新宿区高田馬場リサイクル活動センター 50名
12月9日共同宣伝行動高田馬場ロータリー 20名
12月19日会報10号発行3,000部
月日 イベント名 活動内容
1月12日第5回予備会議「みんなの新宿をつくる会」が準備してきた2月6日の中野晃学習会を1区全体で取り組むことを確認。あわせて、1区市民連合づくりを具体化するため、呼びかけ文や参加協力の要請書などを議論。2月14日に「1区市民連合(仮称)準備会」を立ち上げることを確認。
2月6日講演会「市民と野党の共闘をさらに前進させよう」(新宿農協会館)講師:上智大学中野晃一教授80名
2月13日第6回予備会議翌14日の準備会結成に向けて、各種文案の最終的確認、事務所確保の確認などを行う。
2月14日準備会結成集会東京1区市民連合(仮称)準備会結成集会(エデュカス東京)17団体35名が参加。経過報告、各区の共同行動の実態などを報告しあうとともに、共同アピール、呼びかけ人、事務局などを確認。「仮称」にしたのは名前が変わる可能性があること、「準備会」にしたのは会の間口を広くする意味を込めた。
3月2日第1回事務局会議
3月19日共同宣伝行動高田馬場有志の会との共同、高田馬場駅ロータリー 30名
3月29-30日民進党共産党社民党自由党、東京1区の代表を訪問。市民連合準備会立ち上げの報告と意見交換
3月30日第2回事務局会議。
4月5日共同宣伝行動神田神保町交差点 20名
4月27日第3回事務局会議。
5月11日講演会共謀罪反対!東京1区学習会(港区機械工具会館)130名。講師:海渡雄一弁護士(東京共同法律事務所)、4野党の代表が連帯あいさつ
5月17日第4回事務局会議。
5月22日第1回呼びかけ人会議事務局から経過報告提案。今後の運動のすすめ方については、どう幅広く市民を結集していくか、掲げる基本政策をどうするのか、4野党との関係をどう調整していくか、など率直な意見交換となった
5月25日会報第1号発行1,500部
6月11日共同宣伝行動高田馬場駅ロータリー 100名
6月14日第5回事務局会議。
7月5日第6回事務局会議。
7月11日第2回呼びかけ人会議事務局から経過報告と提案。呼びかけ人28名アピール賛同者110名に到達。特別報告①:大西広さん(慶応義塾大)から都議選結果と東京1区における政党の力関係をどうみるか、特別報告②:柏木恵美子さん(練馬みんなで選挙共同代表)から、ねりせんが結成された経過などについて報告
7月14日会報第2号発行(1,500部)
7月31日第7回事務局会議
8月31日第8回事務局会議
9月14日第3回呼びかけ人会議解散総選挙を視野に入れた取り組みとして基本政策の検討4野党との協議野党共闘を考える市民のつどいの開催などについて協議
9月20日講演会『働き方改革』について(新宿農協会館)70名。講師:棗一郎さん(労働弁護団幹事長)、特別報告:渡辺照子さん(派遣労働者)
9月27日4野党訪問申し入れ
9月28日宣伝行動高田馬場駅ロータリー, 200名
10月3日第4回呼びかけ人会議エキタスと未来公共メンバーも参加。①総選挙が本決まりになったことを受け、これまでの会の名称『仮称準備会』を外し『東京1区市民連合』として正式に発足させることを確認。②3人の共同代表と事務局長、事務局長代行を選出。③基本政策について議論、案を3野党に提示して検討依頼することを決めた。また、8日の『基本政策合意』調印式および新宿西口での大宣伝行動、12日の学習決起集会について協議。HP開設、SNS活用などに取り組むことにした。④これまでの協議の経過および日本共産党の冨田直樹さんの候補取り下げを踏まえ立憲民主党の海江田万里さんへの候補者一本化を確認。
10月8日『基本政策合意』調印式86名。12項目の『基本政策』について市民連合を軸に海江田万里候補と3野党が調印。その後、新宿駅西口に移動して宣伝行動。200名超が参加。
10月9日会報第3号発行3000部
10月10日総選挙公示海江田候補第一声 四谷駅前 400名
10月12学習決起集会エデュカス東京。『アベ9条改憲を斬るーわれわれはどう闘うか』講師:清水雅彦さん(日体大)。150名参加。講演後、海江田候補、3野党代表、若者女性住民労組の代表から決意表明。
10月14日宣伝行動高田馬場ロータリー ―麻布十番―白金高輪―神保町交差点―早稲田地域。共同代表呼びかけ人は、候補者カー市民連合カーの弁士を務めた。
10月16日第5回呼びかけ人会議選挙情勢を交流。後半戦の活動について協議確認
10月17日会報第4号発行
10月20日宣伝行動戸山ハイツ-サントク新宿本店前-青山一丁目駅前交差点-麻布十番駅前-高田馬場駅ロータリー-北新宿一丁目交差点。
10月21日宣伝行動打ち上げ街宣四谷駅前
10月23日会報5号発行3,000部
10月31日第9回事務局会議
11月13日第10回事務局会議
11月14日祝勝会40名
11月20日第11回事務局会議。
11月27日第6回呼びかけ人会議選挙を振り返り、「選挙総括声明」を確認
12月1日会報6号発行3,000部
12月16日宣伝行動新宿西口 55名
12月12日カンパ要請郵送作業
12月22日第12回事務局会議
月日 イベント名 活動内容
10月20日第1回予備会議千代田区労協、港区労連、新宿区労連の3団体の代表が集まり、「東京1区市民連合」づくりについて、基本的な協議。結成に向けて動き出すことを確認
11月11日第2回予備会議新宿の「みんなの会」が準備していた学習会を、千代田、港もバックアップする方向を確認。
11月22日第3回予備会議12月の取り組みを全体で進めることを確認。
12月14日講演会「労働者の希望を託せる野党共闘を」(新宿農協会館)。講師:加藤健次弁護士(東京法律事務所)80名
12月27日第4回予備会議12.14講演会の総括と、あわせて、運動の拠点となる事務所を構える必要性や早い時期に「決起集会」を開く必要などを確認。

連絡先